山﨑 裕右さん

"100人のボーカル教室とレコーディングを両立する防音マンション"

ミュージション志木

山﨑 裕右さん(ボーカル講師)

24時間音楽演奏が可能な防音マンション「ミュージション」の部屋を訪ねて、“音楽のある暮らし”をのぞき、その魅力を語る企画。第12回は、編集部がミュージション担当の戸口と笠原とともに「ミュージション志木」にスタジオを構える山﨑裕右(やまさき・ゆうすけ)さんを訪ねました。

ボーカル講師やミュージシャン、サウンドクリエイター、シンガーソングライター、ラジオのパーソナリティなど、“音楽”を軸に多方面で活躍されている山﨑さん。ミュージションを自らのスタジオに選んだ理由とは?

遮音性能もデザインも立地も必要な条件が揃っていた

楽器や機材がスッキリまとめられた山﨑さんの部屋。ミュージションの笠原と(左)と戸口(右)が話を伺う。

戸口さすがはボーカル教室をされているスタジオ。見たことのない珍しいマイクや機材がたくさんあって、なんだかワクワクしますね。

山﨑さんどうですか? まずは一曲。

戸口遠慮しておきます(笑)。山﨑さんはこの部屋をスタジオとされながら、お住まいはどちらなんですか?

山﨑さん板橋です。朝霞にあるボーカル教室で5年ほど教えていて、「そろそろ自分の音楽スタジオが欲しいな」と、東武東上線沿線で防音物件を探していたら、このミュージションを見つけました。とにかくデザインがスタイリッシュですよね。

広々とした10帖のリビングスペースは山﨑さんの制作スタジオ。自身が運営するボーカル教室もここで行っている。
ガラスで囲まれた水回り。ディティールへのこだわりも魅力。

戸口ミュージションは音楽を愛する皆さんの日々の創作活動を刺激するため、建物や居室のデザインにはこだわりがあるんです。特に、ミュージション川越とミュージション志木はグッドデザイン賞も受賞している物件。モダンかつクラシックなデザインが人気です。ガラスに囲まれた水回りを見て、「マンハッタンのホテルみたい」とおっしゃる方もいました。

山﨑さん最初は「トイレがガラス張りってお洒落すぎ!」って思いましたけど、慣れるものですね。

編集部デザインの他に決め手はあったんですか?

山﨑さん立地の良さと防音性能の高さですね。重たい楽器や機材を持って移動することが多いので、駅から徒歩1分はありがたかった。それに、僕はここでレコーディングもするので、いわゆる“お互い様物件”ではなく、外からの雑音が入らないということがマストでした。いつも12時間くらい歌っているけど、苦情が来たこともない。集中して演奏できるのが嬉しいです。

山﨑さんの部屋は1R(Bタイプ)。結露を防ぐための通気口が2ヶ所ある。
壁には見た目も美しく、機能的なハンガーパイプが設置されている。

戸口志木は東武東上線の急行停車駅で池袋駅までは急行で20分、副都心線や有楽町線へも直通電車があって、都心へのアクセスも便利ですよね。

編集部駅周辺も色々なお店があって楽しそうですよね。オフの日はどんなふうに過ごしているんですか?

山﨑さん近所にあるお気に入りの店をルーティーンで回っています。お腹が空いていたら「風風ラーメン」や「高や(蕎麦屋)」、飲みたい気分だったら「CAFE & BAL SKETCHY」や「和楽 かたらいや」も好きで良く行きます。よく演奏させてもらっている「運送屋(音楽演奏ができる居酒屋)」も大好きな場所。店主がみんな良い人たちで、まちの音楽好きと出会えるのも楽しみのひとつです。

ニーズに応えられず、もがいた20代

笠原山﨑さんは多方面でご活動されていますが、いつから今のような働き方になったんですか?

山﨑さん気がついたら、という感じです。学生時代からバンドをやっていて、25歳で上京して来た時は「俺はロックだけで生きていくぞ!」と尖っていました。若いでしょ?(笑)

編集部そんなやんちゃな時期もあったんですね〜。

山﨑さんただ、それだと社会のニーズに応えることが出来ないと気が付いて。それからJ-POPやJ-ROCKも聴くようになりました。すると、だんだんそのジャンルごとの良さも分かって、聴く人たちの気持ちも想像できるようになった。それでようやく、「自分が表現したい曲」と「求められる曲」を自分のなかに共存させられるようになりました。

編集部そうやって引き出しがどんどん増えていったんですね。ボーカル教室の講師としても長いキャリアをお持ちですが、生徒さんはどれくらいいらっしゃるんですか?

山﨑さん100名くらいかなぁ。下は小学校1年生から、上は90歳まで。趣味として上手くなりたいという方から、本気でプロを目指したい方まで、色んな生徒さんがいらっしゃいます。

戸口90歳! どんな曲を歌われているのですか?

山﨑さんさまざまですよ。イタリアのカンツォーネ(民謡)の『オー・ソレ・ミオ』を歌う人、賛美歌の『アメイジング・グレイス』を歌う人、J-POPの『涙そうそう』を歌う人も。僕はロック好きなので、本当はザ・ビートルズとか歌って欲しいですけど、本人が好きな曲を歌ってもらうのが一番だと思っています。

編集部いいですね。すごい生徒数ですけど、ここにスタジオを構えた時、生徒さん募集の広報はどうされたんですか?

山﨑さんまずはwebに教室情報を載せて、ポスティングをしただけ。ありがたいことに、口コミだったり、YouTubeを観ていらっしゃる方が多いですね。半分がボーカル教室、残りは映画や教材などの作編曲をしたり、高校時代からの友人と「Artlark(アートラーク)」というバンド名で活動もしています。もちろん、レコーディングもここで。

外部ノイズや環境音などを防ぎ、クリアな録音を実現してくれる「リフレクション・フィルター」はレコーディングの必需品。
山﨑さんのマイクコレクションの一部。常時9種類以上を使い分けている。

編集部すごいマイクの数ですね。

山﨑さん楽器やジャンルごとにマイクやプリアンプを使い分けていますから。あとは、消費電流に合うアダプタを選んだり、音の反響を抑えるためのアイテムを使ったり。ミュージションの環境が良いので、それを最大限に活かしています。

編集部確かに。この環境なら、時間を忘れて制作に没頭できそうですね。

山﨑さんそう、気づいたら、「こんな時間!」なんてこともしょっちゅうですよ。ここは住居としての機能も備わっているので、エアベッドを敷いて寝泊りします。板橋の家がもったいないくらいですかね(笑)。

「良い声」を届けたい

笠原僕、山﨑さんに聞きたいことがあって。以前からカラオケが大好きで、ミュージションの合唱団に所属しているんですけど、もっと歌が上手くなりたくて。そのためには何から始めたら良いですか?

山﨑さんまずはどうやって声が出ているのか仕組みを知ること。そうすれば、どこの筋肉を動かしたら声が出るのか良いのか分かるようになります。例えば、高い声はどうやって出るのかご存知ですか?

編集部うーん、喉仏を動かす?

山﨑さん実は、高い声は喉仏が下がって声帯が伸びると出るんです。反対に、喉仏を縮めて声帯を振動させれば、低い声になる。よくボイストレーニングで「喉仏を下げて!」と言うのはそれです。声は喉仏の倒れ方によって自在に操ることができるので、まずは喉仏の下にある筋肉を鍛えることが大切。この部屋に通ってくれる生徒さんには、その仕組みを理解するところから始めて、トレーニングしてもらいます。この最高の環境のなかで自身の声に向き合ってもらうんです。しばらくすれば、部屋中に良い声が響きますよ。

笠原勉強になるなぁ……! 僕も通って良いですか?

山﨑さんもちろん。音楽好きはいつでも大歓迎です。

「音楽はもう僕の人生そのもの」と話す山﨑さん。これからもミュージションから音楽の楽しさを発信していく。

住むだけではなく、自身の教室やスタジオとしても活用できるのがミュージションの魅力。これからも音楽好きのニーズを汲み取り、それに沿った使い方を提案し続けます。


企画:株式会社リブランマインド
⽂:原⼭幸恵(tarakusa)
写真:⼩賀康⼦(提供写真以外)

●Artlark
公式HP
Youtube

●森音楽教室 ボーカルコース 講師
公式HP
Youtube

その他のお客様の声

"想像力でハーモニーをつくる ミュージション生まれの合唱団"

ミュージション野方

みんなの合唱団さん(合唱団)
ミュージション野方、ミュージション志木などで練習を重ねるコミュニティ
詳しく

"防音マンションが音楽家のステイホームを救う?"

ミュージション武蔵中原

斎藤 孝太郎さん(チェロ奏者)
詳しく

"私たちが東武東上線沿線に住む理由 MUSISION入居者が対談"

杉山つよしさん、智恵莉さん、佐々木翼さん
詳しく

"バグパイプも音漏れしない ケルト音楽の魅力を伝える店舗兼住居"

ミュージションひばりが丘北

丸山 大貴さん(「ケルトの笛屋さん」店長)
詳しく

"100人のボーカル教室とレコーディングを両立する防音マンション"

ミュージション志木

山﨑 裕右さん(ボーカル講師)
詳しく

"心が育つピアノ教室開校を叶えた 遮音と響きが揃う部屋"

ミュージション門前仲町

ピアノ教室HearTone白熊杏梨さん(ピアノ講師)
詳しく

"駅近で明るい防音マンションで 生徒思いのサックス教室"

ミュージション武蔵中原

Sonora Music School 袴田有香さん(サックス奏者)
詳しく

"誰にも気兼ねしない DTM作曲に集中するための部屋"

ミュージション登戸

入居者 Sさん(作編曲家)
詳しく

"知れば知るほど好きになる スタッフ自らも入居のMUSISION"

小熊芙美子さん(ミュージションスタッフ)
詳しく

"もう遠慮しない コントラバスもOKの防音マンション"

ミュージション小平小川町

入居者 Hさん(コントラバス奏者)
詳しく

"ブラジリアンミュージシャンも満足 防音+デザインのマンション"

ミュージション川越

シキーニョさん(ミュージシャン)
詳しく

"響き良し、デザイン良し バンド仲間が集う理想の住まい"

ミュージション川越

山本祥典さん(オーボエ奏者)
詳しく

"居住空間とつながる「音楽室」"

防音リフォーム

髙橋洋太さん(コントラバスソリスト)
詳しく

"演奏の場と暮らしがひとつに ミュージション開発ストーリー"

ミュージション建築事業部

高野彰さん(施工監修)
詳しく

"音響エンジニアも納得入居の住まい兼スタジオ"

ミュージション

久保浩巳さん(音響エンジニア)
詳しく

"地下にライブハウスを併設! 音楽のあるまちの防音マンション"

ミュージション溝の口

オーナーの内田和徳さん、「溝ノ口劇場」支配人の重岡俊行さん
詳しく

"ジャンルを越える音楽を生む スタジオ兼住居"

ミュージション野方brio

板東靜さん(次世代型マルチリンガル音楽家)
詳しく

"建物や部屋自体のことで言うと、やはり周囲を気にせず思い切り音が出せるということが最高です。 "

じゅりあんさん
現在は趣味でバンドや弾き語りをしながら、インターネット上に作品を展開。ミュージション入居後は、新たにDTMに挑戦中。
詳しく

"自分の部屋で自分のペースで声を出せるから、お金も時間も無駄にならずにすごくお得なんです。"

hrm(ヒロミ)さん(会社員)
「歌う、聞く、録る、作る、弾く」と音を楽しみながら、 現在自身の作品をネットへ公開中。
詳しく

"気兼ねすることなく楽器が演奏できるのは、楽器をしている人には最高の物件です♪"

小高 幸恵さん(音楽教室運営)
ミュージション川越にてピアノ教室を開校
詳しく

"思い描いていたとおりの充実した音楽活動ができました。"

山本 能嗣さん(ボーカリスト)
2018年10月、メジャーデビュー決定! シンガーソングライター。
詳しく