ミュージションの防音・遮音性能

安心して演奏や音楽鑑賞ができる遮音構造

ミュージションでは、長年の実績に基づいた独自の工法で、プロのレッスンにも充分対応できる高い遮音を実現しています。構造躯体の床とは別に浮き床を設けた「浮き床工法」を全物件に採用するほか、構造躯体とは別に壁・天井も設ける「Box in Box工法(※)」を採用することで、より高い遮音性能を確保しています。

(※ 一部物件は除く)

遮音性能「D-85」

500Hzにおける遮音性能65dB確保を目標にスタートしたミュージション。その後、性能向上を重ね、ついに全戸D-70を確保。一部住戸においてはD-85を確保できるようになりました。

D-70とは、500Hzでは音圧レベルを 70dB、1kHzでは音圧レベルを75dB下げる遮音性能を示します。たとえばピアノの平均音圧レベル95dBの場合、隣室で25~30dBとささやき声程度になり、一般的な生活騒音を低減する遮音効果はもちろん、楽器演奏やスピーカからの音なども「うるさい」と感じられなくなります。安心してピアノレッスンや音楽鑑賞が楽しめます。

※D値とは、JISに定められた測定方法で、音源側に設置したスピーカから125 Hz~4kHz のオクタ―ブバンドノイズを発生させ、音源側および受音側でオクタ―ブバンド音圧レベルを測定し、その差から音圧レベル差を求めるもの。

株式会社永田音響設計とともに

ミュージションは、遮音性能を正確につかむために、竣工時にすべての部屋の遮音性能を測定しています。測定は性能の客観性担保の観点から、音響コンサルタント・株式会社永田音響設計(※)に測定いただいています。一定の遮音性能確立後も、永田音響設計とは随時技術的な交流を重ね、知見を高めています。

永田音響設計

株式会社 永田音響設計は、サントリーホール・カザルスホールなどのコンサートホール、東京芸術劇場などの劇場をはじめとして、スタジオ ・ 学校講堂 ・ 会議場 ・ 体育館などの他、米国のウォルト・ディズニー・コンサートホールの監修など、国内外で多数の実績があります。